お問い合せ お問い合せをする

ご挨拶

豊前ひまわり基金法律事務所 代表弁護士 西村 幸太郎 (福岡県弁護士会所属/登録番号:48839)

こんにちは。
豊前ひまわり基金法律事務所所長・弁護士西村幸太郎です。

弁護士は「社会生活上の医師」ともよばれます。ご依頼者様のお困りごと・お悩み事は、日常生活に巣くう「ガン」とでもいうべきものでしょう。その治療にあたるのが、弁護士です。ところが弁護士は、医師ほど市民に身近な存在ではないようです。それは、争いごとを望まない日本の国民性によるものかもしれません。しかし、もしその原因が弁護士の敷居の高さ、弁護士へのアクセス手段の不足によるものだとすれば、そのツケを市民にまわしてはいけない。・・・当事務所は、そのような想いから設立されました。

こうした想いを実現すべく、当事務所では以下のようなモットーのもと日々業務にあたっています。 経営理念「市民に力を(地方におけるリーガルアクセスの向上)」 活動方針「1、親しみやすくあたたかい事務所 2、ご依頼者様の利益を最大化できる事務所 3、的確・迅速・柔軟な事件処理を行う事務所 4、経過・費用の透明化により安心できる事務所 5、ご依頼者様を笑顔にできる事務所 6、リーガルサービスを通じて地域に貢献できる事務所」 弁護士もサービス業です。市民に利用していただき、そのサービスを提供できて初めてその仕事は意味のあるものとなります。親しみやすく、あたたかく、市民がアクセスしやすい工夫を凝らしながら、いざ、ご依頼をいただいた際には持ち前の誠実かつ堅実な処理を通じてご依頼者様を笑顔にしていきたい。日々、そのように考えて業務に取り組んでいるところです。

私の活動によりご依頼者様が、前向きに人生を歩んでいけるよう少しでもその手助けができること、ひいては、地域に貢献していけることがなによりの喜びです。
どうぞよろしくお願いいたします。

趣味
映画鑑賞
※当事務所の相談室には、裁判関係の映画をとりそろえております。興味がある方は、この点もお声掛けください。
特技
書道
現在の所属委員会(2018年4月時点)
福岡県弁護士会の委員会
・高齢者・障害者委員会
・消費者委員会
・倒産業務支援センター委員会
・法科大学院運営協力委員会
・災害対策委員会

九州弁護士会連合会の協議会
・司法改革問題に関する連絡協議会

北九州部会の委員会
・高齢者・障害者委員会
・消費者委員会
・倒産業務支援センター委員会
・法律相談運営委員会
・法テラス北九州運営協議委員会

経歴

- 長崎県長崎市出身
1998年3月 長崎市立北大浦小学校卒業
2001年3月 長崎市立梅香崎中学校卒業
2004年3月 長崎南高校卒業
2008年3月 熊本大学法学部卒業
2011年3月 広島大学法科大学院修了
2012年9月 司法試験合格
2013年12月 弁護士登録
2013年12月 弁護士法人あさかぜ基金法律事務所勤務
2016年10月 豊前ひまわり基金法律事務所所長

活動実績・履歴

多数の講演会経験あり、
相談会等イベント企画も検討中。
講演会・セミナーについても
お気軽にご相談ください!

2018年10月29日 高齢者の消費者被害に関する講演会@香椎下原公民館
複数回、各地で行っている消費者被害に関する講演会。今回は、香椎で行いました。今回も、熱心に聴講いただけました。
2018年8月28日 注目を集めるハラスメント事案における実務対応の在り方について@豊前市総合福祉センター
福岡県の各地の公平委員向けの研修のご依頼をいただきました。連日、ニュースでは「ハラスメント」に関する記事があふれています。それだけ、関心が高い分野だと思います。統計上も、ハラスメントに関する相談は多いようです。公平委員は、そのハラスメントが、許されるものなのか、そうでないのか、その境界について、難しい判断を迫られることもあるかもしれません。特に、「セクハラ」「パワハラ」を取り上げて、両者の境界について、判断をしやすくなるよう、ヒントを与えられるような研修とすることを目指しました。
2018年8月25日 あさかぜ研修@豊前ひまわり基金法律事務所
私の前事務所の後進向けに、地方における弁護士活動をテーマにした研修を行いました。少人数でのディスカッション形式での研修は初めてでしたが、活発な意見が出され、私も大変勉強になりました。主な内容は、地方における業務の実態、事務所運営などについてです。幣所は、後進の育成にも力を入れます。ご興味のある方は、お気軽にお声掛けください。
2018年5月25日 パブリックロイヤーのすすめ@九州大学法科大学院
これから法曹になろうとする後進向けに、「地方で活躍する弁護士になりたい」という選択肢を提供できるよう、業務、事務所運営、私生活などなど、地方での活動の魅力とからめながら、お話ししました。懇親会にも参加させていただきましたが、興味をもっていただけた方もいるようで、とても嬉しかったです。
2018年2月28日 コンプライアンス研修@豊前市役所
豊前市職員対象の定期研修につき、今回は「コンプライアンス」というお題をいただき、講演をさせていただきました。
不正というのは、得てして、きっかけはささいなことで起こってしまうものです。また、家庭内の問題、個人的な問題など、足元が固まっておらず、それが不正の背景となることも多いです。このように、陥ってしまいがちの落とし穴につき、できる限り具体的なお話で注意喚起することを心掛け、お話しさせていただきました。
内部の体制整備により、不正の「機会」をなくすことが重要であることはもちろん、仮に、機会があっても、法規範を乗り越えて不正に走る人、そうでない人がいること、前者にならないために高い公務員倫理(考え方)を習得する必要があることなどをお話ししました。90分という限られた時間でしたが、午前の部と午後の部において、合計約200名にものぼる多数の方に熱心に聞いていただけました。
2017年12月13日 上毛町商工会講習会(事業承継について)@吉富亭
中小零細企業の経営者の方向けに、事業承継に関する問題点の把握、アンテナを張れるようにするための講習会を担当させていただきました。大きく、人に関する問題(後継者の確保・選定・育成などの難しさ)と財産に関する問題点(株式や事業用資産の散逸防止など)にわけ、さらに納税資金確保の必要性などを検討しました。事例検討の形で取り組み、私の経験も踏まえた、具体的なお話ができたのではないかと思います。
2017年8月18日 高齢者・障害者研修会 講義:施設従事者による虐待について~虐待防止・対応のために~ @ウェルとばた
福岡県弁護士会北九州部会及び北九州市が毎年開催している夏の研修会です。研修の講義部分を担当させていただきました。養介護施設従事者による虐待かつ身体的虐待・心理的虐待を中心に法的な知識の習得及び処理の具体的なイメージをつかむことを目標として、基礎講義と事例紹介などを行いました。閉鎖性という特性のある施設内の虐待の問題においては、通報義務の規定が制度の根幹をなしていること、行政側の積極的かつ適切な権限行使が期待されることなどをお話しした上、顧客満足度を高めることなどが虐待の防止にもつながり得るのだということなどもお話しできました。多数の方が参加されており、大盛況でした。
2017年7月27日 施設従事者による虐待について~虐待防止・対応のために~ @ウェルとばた・北九州成年後見センターみると
勉強会において、施設従事者の虐待防止をテーマに、具体的事例をトレースしながらお話ししました。虐待防止のための創意工夫として、チェックリストなどの紹介もしました。
2017年4月20日 高齢者の消費者被害に関する講演会@志免町役場内町民センター
民生委員対象に、消費者分野の基礎知識について解説しました。熱心に聴講いただき、盛況のうちに終えることができました。
2017年3月1日 「虐待」研修会@吉富フォーユー会館
民生委員向けの研修です。虐待対応の端緒となる「通報」の最前線、民生委員の職務の重要性について、お話しさせていただきました。
2016年11月18日 成年後見制度について@豊前市総合福祉センター
専門家も参加していますが、一般の方も対象にした研修会で、寸劇などもまじえ、成年後見制度の基礎的な考え方を学びました。鋭い質問がたくさん出て、おおいに盛り上がりました。
2015年9月30日 高齢者の消費者被害に関する講演会@田隈公民館
2015年6月29日 高齢者の消費者被害に関する講演会@福間郷づくり交流センター(ふくまりん)
最近、問題意識が高まっている、高齢者の消費者被害に関し、具体的事例を紹介しながら、学習しました。
2015年2月13日~16日 種子島相談会
種子島には法律事務所がなく、島民の方がリーガルサービスを受ける土壌がありません。地方において法の支配の国民的浸透を実現するための活動として、鹿児島大学、九州大学の学生とともに、法律相談会を行いました。関連リンク
お悩みの方は気軽にお電話ください。
電話番号は(0979)53-9106 受付時間は午前9時から午後6時 定休日は土日祝日
  • 活動プログラム