私(西村幸太郎)の一連のブログ記事です。私がどういう人間なのか、どういう活動をしているのか、どんなことを考えているのか、どんな知識やスキルを持っているのか、信頼に足る弁護士か、などなど、たくさんの疑問をお持ちの方もおられると思います。そのような方々は、是非こちらの記事を御覧ください。

講演「本当にこわいパワハラ問題」

ハラスメントに関する報道が後を絶ちません。昨年はILOがハラスメントを禁止する条約を採択しました。これにあわせて,日本もパワハラの定義,事業主の防止措置などの義務付けなどを法制化しました(R2.6~施行予定)。そうした流れを受け,今年の豊前市人権講演会でも,パワハラに関する講義のリクエストをいただきました。

こうした次第で,令和2年1月23日~,@豊前市役所3階大会議室,「本当にこわいパワハラ問題」をお話しさせていただきました。

実は,昨年も講演依頼いただいており,その際も,(当時はスポーツ関係のハラスメントの報道がさかんだったこともあって)ハラスメントの講演依頼でした。重複するとよくないかなと思いましたので,今年は経験事例や裁判事例を参考にして,法制化については最新の議論状況など(たとえば,ILOでは第三者(取引先・顧客など)との間でのパワハラなども含めて定義されているが,日本ではこの点は議論中であることなど)をお話ししています。

みなさん熱心に聞いていただいたように思います。

人格否定的な言葉は使わない,職場環境を整える,「俺の時代はこうだった」は通用しない,平素の行状が問われる(普段のコミュニケーション・信頼関係が大事)…などなどの話をした上,現在の法制化状況をお話ししたところです。

「今後,我々はどういうことをしていけばよいと思うか?」というなんとも深遠なご質問もいただきました。取り急ぎお応えできるのが,おおむね管理職向けの研修なので,パワハラを発見するための内実のある制度づくり(予備調査制度など),事実を把握した後にどのように対応するかについて第三者が介入して検討できる制度づくりなどに加え,把握した事実をもとにしっかり検討できる体制づくりなどかなあということをお話ししております。

貴重な機会をいただきました。 ご多忙中ご参加いただいた企業の方々,豊前市の職員様,ありがとうございました。

卓話「知らないと怖い法律」

本日,令和2年1月16日,豊前ロータリークラブの卓話において,「知らないと怖い法律」と題して,豊前で開所して以降約3年ちょいの間で実際に経営者及び職員から受けた相談をもとに,知っておいて損しない事柄についてお話しさせていただきました。

内容は,おおむね以下のとおり。 ・よくある架空請求に騙されないようにするためには… ・第三者が従業員の給与を請求してきたら… ・求人広告を作成するときは注意! ・固定残業代性はオススメしない。 ・休暇(生理休暇,年休など)を与えないと… ・団交拒否すると違法です! ・団交対応のコツ ・名ばかり取締役も責任を負う?! ・危機時期における自力救済は許される? ・会社役員の交通事故…休業損害・逸失利益 ・自営業者の交通事故…休業損害・逸失利益 ・休車損-予備車があったら使わないといけないの? ・評価損-愛車の格落ちを請求できない!

(以下時間が足りなかったもの) ・法人への遺贈は税金のトリプルパンチ ・「7人の侍」を放置すると? ・ヤミ金に負けるな!

少し補足します。 訴訟管理センター,民事訴訟通事務局なるものから意味不明なはがきが来ることについては,裁判所からも注意喚起がなされています。 解雇紛争については触れるべきだったかと思いました。日本の解雇法制がいかに厳格であるか,一方で解雇が認められるのはどのような場合か,機会を作って発信していきたいです。 交通事故は取扱件数が多いこともあってかなりお話ししたかったのですが,時間の関係で駆け足でした。交通事故などに遭っても,役員報酬は税務上減額しない場合が多いので,損害がないとして保険会社に争われます。減額があった場合も,1人株主やそれに近い同族企業などは,恣意的に下げたんだろうなどと言われてしまいます。いずれにせよ揉めます。さらに,利益配当部分は賠償の対象にならず労務対価だけが賠償の対象になるという理論があるため,なお賠償を認めていただくハードルが高くなります。個人事業主は,多かれ少なかれ節税のための工夫(売り上げをできるだけ低く,経費をできるだけ多く)をしており,確定申告上の所得が圧縮されていることが多い。これをベースにすると低額の休業損害になりやすく,よく揉めています。賠償額に不満がある人はご相談ください。

最初は簡単に話し終わるかな?と思ってましたが,話始めると結構話せるものですね。それだけ真面目に仕事をしてきたのだと思っておきます。 教科書的にまとめたものでなく,ある特定の方々に役に立つように考えてお話しするのもなかなか面白いと思いました。機会があればまた続けていきたいです。

みなさま,ご清聴いただいていたように思います。少しでもお役に立てると幸いです。

孤高のメス

連続ドラマW「孤高のメス」(2019)。

医療界の複雑で特殊な人間関係について描写するドラマは,医療ドラマの金字塔である「白い巨塔」第一部でも描かれていますが,今回のドラマも教授選などでそうした描写がふんだんに見られました。

時は1980年代後半。私が産まれたばかりの頃です。妻が「今は看護師さんあんな帽子かぶらないよ。昔の話なんかな。」と言っていたのが思い出されます。未だ脳死についてコンセンサスが得られていなかったころ。地方の病院では中央の病院の医師の派遣に頼らざるを得なかった状況(弁護士過疎偏在問題と似たようなところがあるかもしれません。),目の前の患者が苦しんでいるのに慣例を重視する背景など,医療にはびこるさまざまな問題を描きながらストーリーは展開されていく。窮屈な医療界を変えたいという野心を燃やす中,当初は反発していた慣例主義,体裁や建前に取り込まれていく実川教授と,最初から最後まで一貫して目の前の患者を救うことだけを考えて行動する当麻医師を対比させながら,医療の在り方を問うように物語は進んでいきます。ジャーナリストの報道姿勢についても考えさせられるところがありますね。

ラストは,主人公にとってハッピーエンドとは言い難く,あえてサクセスストーリー的に更生していないところも好感が持てます。医療を取り巻いていた問題の根深さを象徴しているのではないでしょうか。

もちろん,当時より医学は進歩し,また脚色が過ぎるような部分もあるのでしょうが,医療を取り巻く問題について考える題材として,大変勉強になりました。

タッキー(滝沢秀明さん)が引退前の最後のドラマとしてこちらに出演したというのも面白いですね。最期のドラマがこの作品ということで,どのような思い入れがあったのかなど,ぜひ聞いてみたいものです。

医療問題に携わる方,医療について考えたい方におすすめの一作。

金色温泉

中津・金色温泉

八面山に位置する比較的大規模な温泉施設です。行ってまいりました。連休ということもあり,人がたくさん。

ふくろうの神社など,ユニークな施設もあるのですね。家屋風呂はとっても温かく,檜の香りが優しいお風呂でした。受付のおじさんはぶらきっぽうでしたが,忙しい時間帯だったのでしょうがないのかな…

今度は宿泊もしてみようと思います。

秋本治の仕事術

秋本治「秋本治の仕事術」

「こち亀」の作者です。こち亀は40年間無休で週刊連載を続けており,最も発行関数が多い単一漫画シリーズとしてギネス世界記録にも認定されています。

とある新聞。勤労感謝の日。コラムを観ていたら,この本が紹介されていました。そこで興味を持って購入したものの…ようやく目を通せました。

「まあいいや,なんとかなるでしょ」と楽観的に考えるズボラさも必要

時間の約束を必ず守るのは人として当たり前の大鉄則

電話よりもメールよりも顔を見ながら話すのが1番早い

どうしてもできない仕事は例外をつくらず引き受けない

すぐに役立つものでなくとも情報は常にチェックして蓄積しておく

正確性はとりあえず置いておき,叩き台をつくることが肝要

嫌いな運動を無理にやることはない 好きなこととセットにして体を動かす

最短で成功をつかむコツは回り道を厭わず,誰とでも付き合うこと

…などなど,示唆に富むアドバイスが満載。

読んでいて私なりに感じたことは,「好きなことをとことんやる,嫌いなことは好きなこととセットで」「人間として基本的なことを守る(時間を守る,規則正しい生活をする)」「良い意味でこだわらない,変化に柔軟に対応する」などといったシンプルな方針をただひたすら継続しているということかなと思いました。しかし,この「続ける」というのが難しい。馬力で一時対応することができても,ずっと続けるというのは実際至難のわざだと思います。他の筆者を悪く言うつもりは毛頭ありませんが,しばしば休載する,突然休載する漫画も多く,しかも人気漫画でもそのようなことが多いなかで,40年間継続したというのはすごいことだと思います。

継続は力なり。私も,日々しっかりと毎日を過ごしていこうと思いました。

令和元年(2019年) 総括

令和元年(2019年)12月28日,仕事納めでした。年末は,もはや毎年恒例となっている(?),駆け込み保釈請求を行い,これを認めてもらってすみやかに手続をとったり,管財人業務で財団債権として翌年の固定資産税を負担しないでよいように不動産売却業務を滑り込みで年内に片づけたりと,なかなか大変でございました。

1年振り返って,我ながらよく働いた1年間だったと思います。事件数も増え,馬車馬のごとく処理・解決してきたように思います。

今年は,新元号最初の年,そして「豊前総合法律事務所」としては出発の年(注:「豊前ひまわり基金法律事務所」から,令和元年10月1日,「豊前総合法律事務所」に生まれ変わりました。)です。そんな節目の年がどんな年だったか,ここで振り返ってみたいと思います。

昨年に引き続き,コンスタントに交通事故事件を受任しています。交通事故事件を受任しなかった月はないのではないでしょうか。

物損事件は,金額がそれほど大きくなくとも,法理論的には結構難しかったりして,資料を集めてしっかり検討をしてやるべきという葛藤と,一方で代車のことを考えるとすみやかに解決した方がよいというニーズがあって,解決するのは結構骨が折れるものです。過失割合をはじめ,経済的全損の際の時価額,評価損(格落ち損)の有無・金額など,難解な論点が多い。今年は,休車損で激しく争い,主張立証には相当に苦労をしましたが,勝訴的和解を勝ち取った事件もありました(示談交渉段階はゼロ回答→和解金額150万円)。

人身事件は,弁護士介入後,裁判基準を用いて傷害慰謝料をできるだけ増額してもらって和解に持ち込み,スピード解決を目指すというタイプの事件から,事故直後からの受任において,むちうちの際に適切な後遺障害を勝ち取るように通院指導・監督して一緒に事件を進行させていくタイプの事件,事前認定に不満があって異議申立をする事件,役員報酬・自営業・家事労働など,適切な休業損害(基礎収入,休業日数)につき争うタイプの事件,死亡逸失利益(年金逸失利益)や生活費控除について検討が必要な事件など,さまざまなタイプの事件を扱いました。なかでも,やってもやってもなかなか通らない異議申立について,先般,非該当から14級に変更があった事案があり,大変嬉しかったことが思い出されます。役員報酬の基礎収入の争いの事件が多かったことも特徴かなと思われました。

家事事件については,相続案件が顕著に増えました。相手方が全く反応しないので,審判又は調停に変わる審判でなんとかして解決しようと尽力した事件。使途不明金等の疑いを掛けられ,これを懸命にブロックして,最小限のダメージに抑えて和解ができた事件。遺言の解釈が問題になり,これを激しく争った事件。使途不明金を追求し,遺言無効確認請求をし,遺留分減殺請求をするといった,相続の前提問題等のフルコースの事件。遺産の遣い込みを調査し,特別受益(生命保険)を調査し,寄与分を検討し,相続税申告もサポート(注:申告は税理士にお願いしています。)するなど,多角的に検討してご依頼者様にご満足いただいている事件。保険の組み換え,生前贈与,遺言書作成などを組み合わせ,ご依頼者様の意思を尊重できるよう,隣接士業や保険営業担当などと協力してプラニングをする事件。…などなど,バリエーション豊かで,さまざまな事件を経験しました。また,隣接士業や保険営業担当などと協力して行うことで,そうした方々のノウハウなども勉強でき,活動の幅が広がったように思います。遺言の解釈の問題に関し,先日,勝訴できたことも嬉しかったですね。今年,相続に特化したHPの作成も行い,情報発信も引き続き続けていきたいと思っています。

離婚事件もコンスタントにありますが,親権・面会交流で,子どもをめぐる激しい争いの事件が多かったような印象です。ご依頼者様のために一生懸命主張立証を尽くし,相手方から子どもを返してもらえた際の,お母さんの笑顔が忘れられません。厳しくつらい闘いになることも多いですし,子どものためを考えると,本当に激しく対立することがよいのかという葛藤もあるのですが,悩みが深いだけに,これを乗り越えて解決してきたことにより,自分の対応の幅が広がってきたように思っています。虐待案件などの難しい案件も扱い,こうした意味でも幅が広がりました。

債務整理分野では,これまで申立人代理人の立場での活動が多かったですが,管財人業務を担当することが格段に多くなりました。裁判所に信用していただいているのだとすれば,大変うれしい限りです。とはいえ,管財案件は,多数の個人債権者がいる困難案件や,抵当権付きの不動産の売却が問題となる困難な案件などが多く,日々頭を抱えながら事件対応しているところです。倒産手続は法律問題のるつぼと言われていますが,しっかり対応できるよう,自分を磨いていきたいものです。なお,個人の破産ばかりでなく,法人破産の申立てもあり,事業継続中の法人につき,すみやかに弁護士介入のもと,開始決定をいただくために,久方ぶりに徹夜に近い無理をして,かなりタイトスケジュールで申立書を仕上げたのも,良い思い出となりました。

刑事事件も,今年は裁判員裁判の担当はなかったものの,多数の事件を扱いました。あまり詳しく話せませんが,地元では結構有名な事件もいくつか対応しました。さらに,準抗告や保釈請求などもたくさん行って,たくさんの書面を作りました。とにかく接見に通い,被疑者・被告人との信頼関係を醸成しながら,さまざまな人の人生に触れました。こうした話を聞ける,そしてこれを弁護に役立てていけるというのは,刑事事件の醍醐味ではないかと思っています。今後も,しっかりと対応していきたいです。ただ,未だ無罪判決の経験はなく,弁護士としては適切な事案においてはきちんと無罪が獲得できるように腕を磨かなければと思うところです。

最後に,建築・医療などの専門的な分野も多少は扱っているものの,さすがに数としては多くありませんでした。従前はできなかった顧問契約ができるようになり,サービスの幅が広がりましたので,こうした継続サービスもご利用いただきながら,対応の幅を広げていければと思っています。はやくも顧問契約をいただいたものがありますので,しっかり対応して,他の企業様も含め,喜んでいただけるサービスを提供できるように努めます。

本年の仕事は以上のようなものでございましたが,1年間何とか走ってこれたのも,地域の方の協力の賜物と思っています。

来年は,企業法務分野(中小零細企業支援)への注力を強めていきたいと,せっかく事務所内に海事代理士資格を有する事務員がいるので,海に関する業務についての挑戦を検討していきたいと考えております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~

リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~,観ました。

村松謙一弁護士は,企業再建専門弁護士。「会社の生死は経営者や従業員の命に繋がっているから100%再生する必要がある」と説く。

…といっても,面識があるわけではなく,受け売りです。

普段,どちらかというと破産事件を多く扱い,申立人代理人業務・管財人業務に追われている身としては,さきの説諭の耳が痛いです。破産が楽ということは決してないと思いますが,経済活動を止めて清算に注力するよりも,事業は動かしながら,背景では再生のために奔走するという方が,かなりの労力,総合力が必要なのだろうなと想像するところです(最近は民事再生・会社更生の申立て自体少なくなっていると聴きますが,私は,小規模個人再生ならともかく,大規模なそれらは経験したことがありません。)。

私的再建,民事再生,乗っ取り屋対策のための破産申立て,MBO(マネジメント・バイアウト),LBO(レバレッジド・バイアウト),民事再生申立に対する即時抗告申立,スラップ訴訟など,さまざまなエピソードが出てきて,勉強にもなりました。「絶対にあきらめない」「何とかなります」という弁護士の姿は,どうしても安西先生(スラムダンク)を彷彿とさせてしまうところですが,事件処理において,依頼者の利益を最大化させるため,諦めず最大の努力をすることが,どれほど大切か,改めて学んだような気がしました。

法学的なことを措いておいても,企業の人間模様,ピンチを乗り越えて進んでいくストーリーは,ドラマとして十分に面白いと思いますので,どなたにもおすすめの一作です。 enter image description here

お子様向けサービスを導入しました

弊所にもキッズルームが!……できればいいのですけど,基本的に狭い事務所なので,個別のキッズルーム・スペースを作るのが難しい現状がありました。

とはいえ,お客様のなかには,一定数,お子様連れの方もおられます。ソファーを用意してお待ちいただけるというだけでは,少し不親切かなと感じ始めておりました。一方,キッズスペースを作ることにより,ただでさえ狭い事務所がいっそうせまくなり,ごちゃごちゃした感じを与え,動線が不便になり,他のお客様に不自由を強いるのもよくないと思いました。

そこで,キッズスペースをつくる代わりに,お子様向けのマット・遊具・オムツ等のベビーグッツなどを取りそろえ,いつでも取り出せるように常備することにしました。お子様連れの方がご来所いただけたら,即席でマットを敷いてスペースをつくり,遊具などを提供して,お話し中に遊んでもらうなどすることができるようなイメージです。

子どもの世話はしないといけない。しかし,相談もしっかり聞きたい。…そんな方に喜んでいただけるのではないかと期待して,活用していきたいと思います。

ちなみに,漫画の設置も少し行いました。法律事務所なので,業務に関係なくもない,ためになる系の漫画で,面白いものという基準で選別しています。法曹界では評価が高いと聞いてます,「イチケイのカラス」も設置しました。

新サービス,上手くいくといいなと思います。 enter image description here

↑本棚の上にしまっておき,必要に応じて取り出すようにします。

プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~

プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~

前科者の生きづらさと,そのようななかでも懸命に更生しようとする者たちの奮闘を描く群像劇。

踏んだり蹴たりで気が付けば薬物犯罪で有罪になってしまった主人公。入居したシェアハウスは前科者ばかりの集う場所。各々,壮絶な過去を回想しながら,ラストに向けて収束していく。

前科者が世間にいかに見られているのかを丁寧に描いている。なかなか就職が決まらない。商店街に警察が介入するのを煙たがられる。一方で,立ち直りを支援したいという想いも描いている。オーナーの父は傷害致死事件で服役し,出所後立ち直ろうとしたが,挫折。以来,前科者が出所後立ち直るのを支援できるようにしたいと考えたという。最初は冤罪の者を陥れることばかりを考えていたのに,最後は人を守るために身を投じる者もいた。

決して明るい話ではないが,重厚ながらも,星野源のキャラにより軽やかさも兼ね備えてみることができる,よくできたドラマではないかと思う。

enter image description here

ビジネスパーソンのための「書く力」

週刊ダイヤモンド・2019年12/21号の特集は,「書く力」です。日々大量の文章を起案し,連絡している我々にとっても役に立つ内容と思いましたのでメモしておきます。

3つの原則を意識する。1 文章は「構造」を意識する。2 文章は「相手」を意識する。3 文章は「語感」を意識する。

1 構造。①誰に何を1番伝えたいのか,②誰に何をしてほしいのか,というそもそもの目的を考える。③相手とのコミュニケーションに必要な「前提」(相手方の知識や関心,メリットの有無など)を考える。④必要に応じ,データ,参考資料,類似例,競合の状況などの情報もそろえる。⑤文章の流れを考える。なお,目的や情報の整理のためには,5W1Hを使うと便利だ。文章の構造を論理的にする「PREP法」(主張→理由→根拠や例→まとめ)や,文章を読みやすくする「3C」(正確に書く,明確に書く,簡潔に書く)を心掛ける。

2 相手。①情報のギャップに配慮する。②誤解されやすい言葉に注意する。③意味をくみ取ってくれるだろうという「甘え」を捨てる。

3 語感。①一文一意。②句読点や記号。③漢字ひらがなのバランス。

なるほど。準備書面を起案する場合も構成は大事です。読む相手である裁判官を説得するために書きます。忙しい裁判官がサーっと読めるよう,語感も気を付けましょう。

準備書面も推敲しますが,そのポイント。ⅰ)人名に誤りはないか。ⅱ)誤字,脱字,変換ミスはないか。ⅲ)文章の目的は明確か。ⅳ)分かりやすい順番で書いているか。ⅴ)無駄に長い文章になっていないか。ⅵ)句読点の位置は適切か。ⅶ)適度に改行をして読みやすくしているか。ⅷ)重複している表現はないか。ⅸ)削れる部分はないか。ⅹ)表記方法に「揺れ」はないか。

ビジネスメールについても,その鉄則につき紹介がありました。こちらは顧問先とのやり取りなどで使えそうですね。

①件名は具体的に。②過不足のない情報。③箇条書きを使う。④要旨から詳細へ。⑤曖昧さを残さない。⑥1通5分以内で作成。⑦無駄なやり取りを減らす。⑧CCは極力減らす。⑨断るときも丁寧に。⑩過度な敬語は不要。

また,比較的新しい問題として,ジェンダーの関係でステレオタイプな表現に要注意という特集もされており,なかなか興味深かったです。「『やっぱり』,クルマの運転って苦手ですか?」という統計的差別で炎上したトヨタのケース,「『コックゥーん』しちゃった」という性的ともとれる表現で炎上したサントリーの事例など,ジェンダーに関する教養も身に着けないといけない。「人数や登場回数が男女どちらかに偏っている」「シンボルマークやマスコットが男女どちらかに偏っている」「特定の年齢の男女しか描かれていない」「服や持ち物の色,服のデザインが性別で固定化」「職業,スポーツ,学術,学びなどで男女が固定化」「仕事は男性,家事,育児,介護の担当が女性」「男性が指導者,女性が相談者など,優劣や上下関係が男女で固定化」「内容に関係なく,人目を引くために女性の容姿,身体の一部を利用」「男女どちらかのみの表現,女性を強調する表現など,男女の扱いが異なる」といったステレオタイプな表現には要注意。

その他,チャットツール&SNS,プレゼンの場合,反転系としてさまざまな言葉,間違えやすい氏,尊敬語・謙譲語・丁寧語,接続詞,慣用句など,さまざまなバリエーションで特集。すべてのビジネスパーソンが一見の価値ありです!